夕暮れ


パリ | 夕暮れ
-
むやみに歩き回っているうちに日は沈みかけていた。
何かに追いかけられるように僕は歩いていた。
もちろん振り返っても僕を追う者など誰もおらず、そこにあるのは長く伸びた僕の影だけだった。