遠くにある小さきものへ


記憶は川の流れのように同じ方向に流れていく。
あるいは、落日と同じように戻ってくることはない。
ただ、震えるような思いだけが、ときどき甦る。