水に浮かぶ


岬の先では男がのんびりと釣りをしていた。
このへんに城があると思うんだけど知りませんか?と訊ねた僕に、黙って指を指した。
何枚か写真を撮って戻ってきても、男はさっきと同じ姿勢のまま肘をついて浮きを眺めていた。