070830


夕方4時、石垣の陰に座って僕は誰もいない通りを眺めていた。
太陽はまだ輝きを失う気配を見せない。