過ぎる

また知らないあいだに新しい年がやってきて、望んだわけでもないのにひとつ歳を重ねた。
もちろん、僕は知っている。
望むと望まざるとにかかわらずやって来るものと過ぎ去るものがあることを。