020903

 滅び去り打ち捨てられたものを見てみたいと思う。廃墟の上を通り過ぎる風の音を聴き、遺されたものをやさしく覆う草の匂いをかいでみたいと思う。そうして旅人はいつだって西へ向かう。