夜のはじまり、そしておわり

f:id:textile:20140307034654j:plain


ひとりで物事を考えるには僕は少し疲れていた。
それはあまりに長い夜だった。