紅茶を飲み終えてカップを洗いながらふと窓の外に目をやると、大粒の雪が舞っていた。
その瞬間に仕事に行く気が消えてしまって、新しくコーヒーを入れて買ったまま本棚に積んでおいた金井美恵子の目白雑録を読み始める。
雪が降る日は静かだ。