雨宿りと猫


ときどき思い出したように雨が降った。
僕たちは軒先で雨宿りをした。
猫が何匹も狭い路地を横切った。
猫たちはちらりと僕たちを眺め、無関心なふりをしてゆっくりと歩いて行った。
僕たちはよそ者だった。