090507


髪を切る。
次の朝目覚める。
きまって、僕は僕の存在にしっくりこない。
全身が透明なプラスチックに覆われてしまったような気がする。