081013


用事があって出かけた港町についたころにはもう夕暮れが近づいていて、空一面に広がった鰯雲に色がつきはじめていた。
僕は少しばかり心配事があって、どうにも気分がすぐれず、岸壁に座ってしばらく空や海をぼうっと眺めていた。